戸浪の日記

素人料理、お菓子・パン作りブログ。たまにDIYも。

カリカリのビスコッティ焼きました!【イタリアお菓子】ドライフルーツとアーモンド入り

ⓘ当ブログはプロモーションを含みます

 

 ビスコッティを焼きました!

 カリカリしていて、ドライフルーツとナッツが入っています!

 

 

ビスコッティは二度、焼く

 イタリア伝統菓子のビスコッティ。

 ラテン語で「二度焼く」っていう意味らしいです。

 本場イタリアでは、コーヒーに浸して食べるのが一般的だとか。

 実際やってみると、しみ込んだコーヒーで柔らかくなっておいしい!

 もちろん浸さずにそのまま食べても良し!

 

ビスコッティの作り方

 作りがシンプルなので、アレンジの幅は広そうです。

 

材料(10本分くらい)
  • 薄力粉   …… 100g
  • ベーキングパウダー …… 3g
  • ドライフルーツ   …… 70g
  • アーモンド …… 30g
  • 砂糖    …… 40g
  • ブランデー …… 20ml
  • 卵     …… 1個
  • サラダ油  …… 10ml
  • ゆずジャム …… 10g

 隠し味に……と思って入れたゆずジャム。

 案外隠れていなくて、いいアクセントになりました。

 

1. 下ごしらえ

  • ドライフルーツをブランデーに浸す

 風味付けに。

 時間は測ってませんが、15分ほどは浸した気がします。

 

 

  • アーモンドを刻む

 食塩不使用の粒アーモンド。

 包丁で刻み、クラッシュアーモンドにしました。

 

 

2. 生地作り

  • まずは卵と砂糖から

 ブランデーに浸したフルーツのボウルに入れて混ぜます。

 アーモンドも入れちゃいます。

 

  • 油をイン

 サラダ油にしましたが、イタリアっぽくオリーブオイルにしても良かったですね。

 

 

  • 薄力粉・ベーキングパウダーを入れて混ぜる

 粉っぽさがなくなるまで、さっくりと混ぜました。

 この手のお菓子は混ぜすぎると、固くなりがちです。

 

3. オーブンで焼く

  • オーブンシートを敷いた天板の上に生地を広げる

 厚さ1cmほどにしましたが、もうちょっと厚く1.5~2cmくらいにしても良さそうでした。

 

  • 170℃に予熱したオーブンで20分焼く(一度目)

 焼く前のペラペラが、けっこう膨らんでくれました!

 でっかいカントリーマアムみたいです。

 それとこの段階でも食べられます!

 端っこをつまみ食いした感じ、外側はカリっとして、中は多少しっとりしてる感じでしょうか。

 もうおいしいです!

 

オーブンシートについた残りを集めたものです。たまごボーロみたいなお味。

 

  • 切り分けて、さらに焼く(二度目)

 切口を上にして、片面10分ずつ。

 焦げないようにオーブンの温度は150℃に下げました。

 

 

 あと、別にひっくり返さなくてもよさそうでした。ネットのレシピを見る限りでは、片面だけ20分焼けば大丈夫そうです。

 

焼き上がりました!

 ひょいとつまむと軽くて、固い感触。

 

 

カリっと軽い食感で、つい食べすぎてしまいそう

 焼きたても香ばしくておいしいのですが、冷えてからが焼き菓子の本領。

 二度、焼いたビスコッティはとにかく食感が軽かったです!

 カリっと噛み切ると、すぐに口の中で溶けていくようです。

 

 甘みもちょうどよかったですね。

 砂糖と、隠し味のつもりがけっこう主張してくるゆずジャムのさわやかな甘さ!

 ドライフルーツ、そしてアーモンドと色んな味がしておいしかったです!

 

 


 

 最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 ランキング参加中です!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

 

 よろしければ読者登録お願いします!

戸浪の日記 - にほんブログ村

 

TOP